清水尋也さん&高杉真宙さん ダブル主演 映画『オアシス』が話題に

2024年秋に公開予定の映画『オアシス』が注目を集めています。この作品は、清水尋也さんと高杉真宙さんがダブル主演を務める青春バイオレンス映画であり、彼らのファンや映画愛好家から大きな期待が寄せられています。この記事では、映画『オアシス』の詳細、キャストのコメント、監督の意図などを詳しく紹介していきます。

この記事には、特典画像と厳選した YouTube動画 2本も添付しています。どうぞ記事を楽しみ、厳選したYouTube動画も楽しんでいただけると幸いです。

映画『オアシス』の概要

映画『オアシス』は、社会からはみ出した青年たちの絶望と一瞬の幸福を描いた青春バイオレンス映画です。清水尋也さん演じる富井ヒロトと高杉真宙さん演じる金森は幼なじみであり、青春時代を共に過ごした仲間でした。しかし、ある事件をきっかけにバラバラの人生を歩むことになります。数年後、社会のアウトローとして生きる二人が再び交差することで物語が展開されます。

 

 

清水尋也さんと高杉真宙さんのキャリア

清水尋也さんと高杉真宙さんは、2012年にフジテレビのドラマ『高校入試』で初共演を果たしました。その後、映画『渇き。』(中島哲也監督)、映画『逆光の頃』(小林啓一監督)、ドラマ『サギデカ』(NHK)、映画『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 運命/決戦』(英勉監督)など、数々の作品で共演してきました。彼らの長いキャリアと親交が本作にどのように影響を与えたのかにも注目が集まります。

映画『オアシス』のストーリーライン

映画『オアシス』のストーリーは、富井ヒロトと金森の二人が中心です。富井はヤクザの菅原組の組員として頭角を現し、金森は犯罪組織で自堕落な生活を送っています。彼らの道は再び交差し、一触即発の敵対関係に陥るという展開です。親友だった二人がどのようにして敵対するようになったのか、その背景にあるドラマが描かれています。

キャストのコメント

映画『オアシス』に対するキャストのコメントは、作品への期待感や彼らの意気込みを感じさせます。清水尋也さんと高杉真宙さんがどのような思いでこの作品に取り組んだのか、それぞれのコメントを見ていきましょう。

※毎日確認済み(お買い物に役立つ!!)⇒2億点の商品を対象とした本日の総合ランキング by楽天♪

清水尋也さんのコメント

富井ヒロトを演じる清水尋也さんは、この作品に特別な思いを寄せています。約4年前に監督から初主演のオファーを受け、その時からこの映画の制作が始まりました。清水さんは、「この作品は自分にとっても特別なものであり、スタッフやキャストと共に作り上げたものです。映画『オアシス』をぜひ多くの方に観ていただきたい」と語っています。また、長年の友人である高杉真宙さんとの共演についても感慨深い思いを述べています。

高杉真宙さんのコメント

金森役を演じる高杉真宙さんも、この作品に強い思いを抱いています。清水尋也さんから直接映画の話を聞き、岩屋拓郎監督と出会ったことが大きな影響を与えたと語ります。高杉さんは、「このような形で清水と共演できる日が来るとは、10代の頃には想像もつきませんでした。監督と清水の熱意が詰まったこの作品に参加できたことを光栄に思います」とコメントしています。

監督の意図と制作背景

映画『オアシス』の監督、岩屋拓郎さんは、この作品に特別な意図と情熱を込めています。彼のコメントや制作背景について詳しく見ていきましょう。

 

特典画像⇒説明♪

 

岩屋拓郎監督のコメント

岩屋拓郎監督は、「はじめまして、岩屋拓郎です。ご縁に恵まれ、大切な仲間達と映画を創ることが出来ました。僕の初監督作品です。現場で出会った清水尋也と一緒に映画を創ろうと約4年。清水尋也、高杉真宙をはじめとする最高の俳優部、尊敬する最高のスタッフ陣に囲まれて地元の愛知で撮影をしました。脚本はオリジナルストーリーです。自分は何者なんだろう?自分の居場所はどこにあるんだろう?地元、名古屋にいた頃のヒリヒリした感情を想い出しながら脚本を書きました。今、自分が持っているものをできる限り丁寧に情熱的に全て注ぎ込んだつもりです。傷だらけの青春映画。手作りです。映画館で、ぜひ劇場で、ご覧ください」とコメントしています。

制作背景

映画『オアシス』は、岩屋拓郎監督が映画企画コンペで新人賞を獲得したことで制作が始まりました。監督は、自身の地元である名古屋でのヒリヒリした青春時代の感情を想い出しながら脚本を書き上げました。撮影は名古屋で行われ、清水尋也さんや高杉真宙さんをはじめとするキャスト陣、尊敬するスタッフ陣と共に制作されました。監督の初監督作品でありながら、情熱と丁寧さを持って制作されたこの映画には、監督の強い思いが詰まっています。

『オアシス』に込められたメッセージ

映画『オアシス』は、単なるバイオレンス映画ではなく、深いメッセージが込められています。絶望の中で一瞬の幸福を見つけること、社会のアウトローとして生きる若者たちの居場所を描くことがテーマとなっています。

友情と敵対の狭間で

清水尋也さん演じる富井ヒロトと高杉真宙さん演じる金森の友情と敵対の関係は、この映画の核心です。幼なじみでありながら、それぞれの道を歩むことで対立するようになった二人。映画は、彼らの絆と敵対心の狭間で揺れ動く感情を描き出します。観客は、彼らがどのようにして再び交差し、そして対峙するのか、その過程を見守ることになります。

居場所とアイデンティティ

映画『オアシス』は、登場人物たちが自分の居場所とアイデンティティを見つけるための旅を描いています。富井はヤクザの組員として、金森は犯罪組織でそれぞれの居場所を見つけますが、そこに至るまでの過程が描かれています。彼らがどのようにして自分自身を見つけ、どのように生きるかがテーマとなっています。

 

 

映画『オアシス』は、青春の苦悩や絶望、そして一瞬の幸福を描いた作品です。清水尋也さんと高杉真宙さんのダブル主演により、リアルで感情豊かなストーリーが展開されます。監督の岩屋拓郎さんが初めて手がけたこの作品は、彼の情熱と丁寧さが詰まった映画となっています。絶望の中で見つける希望と、社会の中で自分の居場所を見つけることの大切さを描いた『オアシス』を、ぜひ劇場で観たいと思います。

 ▼お ま け       
注1)たった500円で大きな夢を買う⇒高確率ロトくじ【当たるんです】

注2)新しい収入源を確保する⇒ココ

最新情報をチェックしよう!